ペンタゴンチャート分析

米ドル/円(USD/JPY)
先週のレポートでは、ABラインとB点に注目、と紹介した。ABラインが下値支持線になるのか否か、そして下値支持線になった場合にはB点水準を越えることが出来るのか否か、ということであった。個人的には、ABラインに沿って推移するがB点水準を越えることは難しい、と記した。実際には、ほぼ予想通りの展開になったと言えよう。ABライン沿って上昇しB点に到達した。次の注目日は11月23日前後である。

今週のポイントは
流れが変わるのか
ということである。

ユーロ/米ドル(EUR/USD)
先週のレポートでは、ACラインに注目、と紹介した。ACライン水準が節目となっていることから、このラインを維持できるのか否かがポイントになったからだ。実際にはACラインを割り込み、B点に向かって下落した。
現在はBEライン上に位置している。次の注目日は11月17日前後である。

今週のポイントは
どこで下げ止まるのか
ということである。

ユーロ/円(EUR/JPY)
先週のレポートでは、ACラインに注目、と紹介した。ACラインを維持できたのであれば堅調な展開が続くことが期待できるが、割り込むと押し目を形成することになるからだ。個人的には、上値の重たい展開となるが、ACラインを中心とした動きになろう、と考えていた。実際には、ACラインが上値抵抗線となり下落。ADラインに向かった。次の注目日は11月23日前後である。

今週のポイントは
軟調な展開が続き、下落トレンドに入っていくのか
ということである。

豪ドル/円(AUD/JPY)
先週のレポートでは、ABラインに注目、と紹介した。なぜならば、ABラインに到達することによって、流れが変わる可能性があったからだ。個人的には、ABラインに到達したあとはABラインに絡みながら押し目を入れるが、下値は限定的になろう、と記している。次の注目日は11月19日前後である。

今週のポイントは
調整が続くのか
ということである。

ポンド/円(GBP/JPY)
先週のレポートでは、ABラインに注目、と紹介した。ABラインの上方を維持できたのであれば、基本的には堅調な展開が期待されたからだ。個人的には、更にBCラインに沿っての動きを見せるが、上値は重たくなってくるであろう、と記した。実際には、ほぼ予想通りの展開になった、と言えよう。次の注目日は11月22日前後である。

今週のポイントは
このまま反発上昇が続くのか否か
ということである。